住宅リフォームで快適生活!!主なリフォーム工事内容の基礎知識!!

家の老朽化や機能の追加などを考えた際、リフォームする方法があります。リフォームでは、内装工事・コーティング塗装工事・外装工事・外構工事・屋根工事など、様々な工事を行う事ができます。ここでは、株式会社Base Form.で行われているリフォームの工事の内容についてお届けします。

① 内装工事

ユニットバスリフォーム

ユニットバスリフォームでは、家を保護する為の養生を行い、既存の浴槽撤去、給水・排水管と電気配線工事、土間基礎工事、搬入・組み立て、大工工事、内装工事、これらの7工程を経て工事が完了します。依頼者の家の状態によって、内装工事の他に追加で工事を行う場合もありますが、基本的な工程はこの7工程になります。
内装工事の内容で必要工事は変わってくるので、自ずと施工期間も異なります。お風呂の代表的なリフォーム日数では、基本的に浴槽、給湯器、換気扇など、お風呂設備交換の部分的リフォームだと、1日で工事が完了するケースが殆どです。ですが、お風呂全体をリフォームする場合は、平均で約5日~10日程度の施工期間が目安となっています。

キッチンリフォーム

キッチンの単純な交換のみの場合

工事の際にキッチン位置は変えず、新しいキッチンと交換するだけの簡単リフォームであればキッチン解体と搬入で各1日かかり、最短2日、平均は3~4日、最長1週間程度で工事完了です。基本的にキッチン交換に併せて、電気や水道の工事、大工工事を行う場合、養生・解体、電気・配管工事、大工工事、キッチン搬入・設置、電気・配管工事の作業が行われます。また、オプション工事や予備日を含め最大1週間程度が目安となっています。

キッチンの壁や床の張り替えを伴う場合

キッチン交換と一緒にキッチンの壁や床の張り替えを行う場合、リフォーム日数は最短5日、平均1週間、最長10日程度が目安となっています。壁・床の張替えが行われる為、少し日数を要します。

キッチンを移動させる場合

キッチン位置を移動してLDK全体のリフォームの場合、リフォーム工事にプラスして作業工程が多くなるので、リフォーム期間もその分長くなります。最短10日、平均2週間、最長1ヶ月程度が目安となっています。腰壁造作やクロス張替えなども行う為、作業工程が多くなります。

② コーティング塗装工事

コーティング塗装とは

コーティング塗装は、古くなったユニットバスで見た目が劣化してしまった状態を、もう一度塗装し直す事で新品同様の綺麗な状態に戻す工事です。新品のユニットバスは、白色やアイボリーなどピカピカに輝いていますが、これは素材の色では無くて塗装されたものなので、長年お風呂を使用していると塗装が劣化してきます。なので、浴室の美しさを長く維持するための浴室塗装であり浴室保護塗装にもなり、様々な汚れから浴槽や浴室を守る事もできます。

浴室塗装で浴室再生可能

浴室再生できる浴室塗装は、下地処理を既存の浴室に行いその上から塗装を行います。浴室塗装は、新品とほぼ同じ見た目に仕上げる事ができます。なので、ユニットバスの見た目だけが老朽化していてもまだ機能的に何の問題も無い場合、ユニットバス交換で無くそのまま浴槽を使用する事ができます。一般的なコーティング剤にはフッ素系樹脂塗料が用いられますが、高価なコーティング剤にはガラス系コーティングがあり、価格は高めに設定されています。浴室保護の為の浴室塗装は、目的やコストに合わせて最適なコーティング剤を選んで施工が可能です。浴室再生の為の浴室塗装と組み合わせる事によって、新品同様のリフォームに仕上がり、また、汚れにも強いユニットバスにする事も可能にします。

施工期間

浴室塗装は、塗装するユニットバスの状態で施工期間には変動があります。しっかり下地処理を行う必要がある場合には、施工期間には時間を要します。塗料が乾くまでの乾燥時間も考慮すると、施工完了までに約2日~3日かかります。

③ 外装工事

戸建外壁塗装

一般的なの戸建てでは、雨や風が無く天候が良い時期であれば、約10日間程度で外壁と屋根塗装の工事は終わります。しかし、天候を考慮すると実際には約2週間程度が目安となっています。足場設置、高圧洗浄、養生・下地調整、外壁塗装、足場解体・撤収、これらの工程が行われます。戸建ての場合、塗装職人は約1人~2人が基本ですが、職人3人で施工をお願いすれば、屋根と外壁を同時進行で工事でき工事期間短縮も可能です。

雨天時や風が強い日は塗装できない

外壁塗装と言うのは、下地がしっかり乾燥している事が前提の工事です。なので、小雨の場合は工事延期になります。塗料に雨が混ざる事で塗装の仕上がりがムラになる為、不良工事になるからです。雨天時にも作業可能な養生など、作業に無駄が生じないように工程は組まれます。また、風が強い日は塗装中に埃やゴミが紛れ込んだり、塗料飛散して近隣住民の方へ迷惑をかけたりしてしまう為、塗装する事ができません。なので、塗装を行う際には天気予報を事前に調べ、入念な施工計画を立てて行います。

④ 外構工事

外構工事とは

外構工事とは、建物の外で行う敷地内工事で、エクステリア工事とも言われます。土地形状や家形状で工事内容は異なるので、それぞれの家に合わせてオーダーメイドで工事が行われます。外構工事には、数多くの種類があり、門塀、植栽、カーポートなどあります。

玄関と門塀

外構工事は、基本的に敷地を囲う塀やフェンス設置が行われますが、最近は塀を敢えて設置しないオープン外構の工事も増加しています。出入口となる門には、門柱、門扉、表札、ポストの設置、玄関までに至るアプローチには、泥汚防止でタイルや踏石などを設置します。、また、水が入り込まないように敷地の高さは道路より高く設定している場合が多く、アプローチ途上に階段を設けるケースもあります。これらの工期は、約1~2週間程度が目安となっています。

駐車スペース

車を所有する家の場合、駐車場スペースにカーポート設置や舗装する外構工事を行います。カーポート設置と舗装では、伸縮門扉を取り付けると工期は約1週間が目安となっています。カーポートの基礎硬化までの養生期間が必要なので、実際の作業期間は約2日程度です。

⑤ 屋根工事

屋根工事とは

屋根工事には、屋根の一部の傷みを直す補修工事・屋根の全体的な傷みを直す塗装工事・痛んだ屋根に新しい屋根を乗せるカバー工法・新しい屋根にする葺き替え工事など、色々と工事の種類があります。このように、目的や要望によって工事が異なるので、工事内容によって工事期間や予算なども変わってきます。

屋根リフォーム工事の場合

工事の足場設置完了後、埃や塗料が足場に飛び散らないよう、シートを張ってからの作業になります。屋根の葺き替えでは、ウィンチが付いている梯子を組んで、瓦やカラーベストを葺き替えます。掃除した際に傷んだ屋根板は取り替えて、下地材を貼って新しく施工する屋根材の施工法で取り付けます。

屋根リフォーム工事の施工期間

屋根修理では、即直す事ができる小規模工事から、塗装やカバー工法などの時間を要する工事など、工事内容で工事期間は変わります。また、屋根の種類や職人さんの数によっても工事期間は変動します。他にも、ソーラーパネル設置の住宅では、移設を要する場合もあり、移設分の工期が加算されます。コーキング充填工事は数時間程度、塗装工事は約2週間、屋根全体の葺き替えは約3日~1週間程度、カバー工法は1週間程度が目安になっています。